妊娠初期 ダイエット

MENU

妊娠初期とダイエットについて

妊娠初期の1ヵ月(0〜3週)から4ヵ月(12〜15週)

 

この時期ではどのようにダイエットを行えば良い?

 

まずこの妊娠初期の段階での体重変化についてですが、赤ちゃんのサイズや重量は微々たるものになりますので、母体の体重は急激に増えるわけではありません。

 

ただ妊娠に伴いホルモン分泌などをはじめとして体重変化を引き起こす要因に少なからぬ変化が生じていますので、体重が微増するのがこの時期の特徴になります。

 

緩やかに体重が増えている分には特に問題はなく、維持に指摘されることもありませんのでダイエットを行う必要はありません。

 

体重はふえているほうがいい!

 

以前は妊娠初期の段階で母体の体重は、その後の赤ちゃんの発育や妊娠合併症などについてを考察する上で一つの目安にされていた関係から、体重が増え過ぎた場合には医師より注意を受けることもありました。

 

近年では適正な体重増加は必要とみられていますので医師から減量を指示される事はそう多くはありません。

 

不安定な大事な時期なので慎重に!

 

むしろこの段階でのダイエットは早産や低出生体重児などのリスクをはらんでいる可能性もありますので、誰にも相談することなくご自身の勝手な判断で減量することは避けるべきです。

 

ただこの時期には個々の人で食べづわりのようにご自身での食欲のコントロールが難しく著しく体重が増加することもありますので、そうしたケースに限り医師の判断や指導のもとでダイエットよりは適正な体重管理を行うことが必要になります。

 

■奇形児出生率が年々高まっています!

 

 

  • 妊娠中期とダイエットについて
  • 妊娠後期とダイエットについて
  • 妊娠中のダイエットが子供に与える影響
  • 妊娠中の体重変化で身体にどう影響する?
  • 妊娠中にダイエットをする時のサプリメント
  • 妊娠中のダイエットと精神状況について
  • 妊娠中の運動療法で効果的な方法
  • 妊婦さんにおすすめの安心食材