妊娠中 運動療法

MENU

妊娠中の運動療法で効果的な方法

妊娠中は母体とお腹の中の赤ちゃんを案じることから日常生活には様々な制約が伴うことになり、とりわけ運動に関しては一切できないと勘違いしている方も時おり見受けられます。
しかし実際には医療の現場で妊娠中だからこそ行うべき運動療法が紹介されており、妊娠に伴う症状を改善させたり不安やストレスを取り除くなど様々な目的で行われています。

 

では一般的に行われるスポーツと妊娠中に行う運動療法ではどのような点で違いがあるのでしょうか。
まず違いとして挙げられるのは競技者同士で競い合うタイプの種目を行うのではなく、医師や指導者の下で自分のペースにあった運動する点で、身体に負担を掛けることなくしっかりと身体を動かし心地よい汗をかくことを目的にしています。
また身体を動かす上で効果的な方法についてですが、種目に関してはエクササイズ・スイミング・ヨガ・マット運動・太極拳などをはじめとして各種あり、スポーツジムやカルチャーセンターで開催されている場合もあれば病院内の施設で行われることもあります。
特に病院内の施設で運動療法を行う場合には、医師の指導のもとで行われることから安心感が強く、身体に異変が生じてもすぐに治療できる体制が整えられていますので、最も安心できる場になります。

 

基本的には激しくない動きの中で全身を緩やかに動かす運動が効果的な方法となり、緩やかでありながらも有酸素運動を行うことで身体を引き締めに効果的になります。
さらに同じ妊婦さん同士が集うことでお互いに悩みや話を聞きあうことも、運動療法における効果的な不安の解消方法としてあげられます。

 

≫≫妊婦さんがあと3キロ無理なく痩せるには?

 

  • 妊娠初期とダイエットについて
  • 妊娠中期とダイエットについて
  • 妊娠後期とダイエットについて
  • 妊娠中のダイエットが子供に与える影響
  • 妊娠中の体重変化で身体にどう影響する?
  • 妊娠中にダイエットをする時のサプリメント
  • 妊娠中のダイエットと精神状況について
  • 妊婦さんにおすすめの安心食材